注文する|工務店選びにこだわって理想のマイホームで新生活|暮らし彩る家造り

工務店選びにこだわって理想のマイホームで新生活|暮らし彩る家造り

男女

注文する

模型と電卓

「注文住宅で家を建てました。」と聞くと、値段が高そう。時間がかかりそうなどイメージは外せないけど、はやり、自分の好み、こだわり、生活習慣に合った家で生活をしたいという希望を貫いた優越感に、羨望のまなざしを送ってしまうことが多いのではないでしょうか? 注文住宅のお家に遊びに行ったとき、「ここはこういうようにしたかったから。」「ここは譲れなかったのよ」なんて言われて、もう少し自分の家もこだわりたかったと思うことも。 そのこだわりの優越感を半分満たす。「注文住宅もどき」こと、建売住宅のオプションプラン変更が多様化しています。家の中の間取り、家電など以外に、外壁の模様、お庭のタイルまで選べるようになっています。ぜひ、こだわりの家を建てて注文住宅の優越感を味わってみませんか?

注文住宅をたてるときに一番気になるのはかかる費用ではないでしょうか。 注文住宅では工法や間取り、設備を自分で選ぶことができるのですが、その分金額も高くなりがちです。 注文住宅をたてるときにかかるお金は、建物をたてるときににかかる本体工事費用だけではなく、ガスや水道を引いたり、駐車場を作ったり、エアコンや照明などの設備を作るときにかかる別途費用、税金などの諸費用がかかります。建物にかけられる金額は理想的には予算の80%程度と言われています。なので、注文住宅を建てる場合には少なくとも3000万円ほどが必要になります。こだわって家をたてたい場合や、土地を持っていない場合には、さらに予算の金額を増やす必要があります。